御心への道 3 ~神様が示された通りに従うことができるかが運命の分かれ道。

今回も、RAPTブログの御言葉を読み、自分の御心を探していく過程の中での体験を書いていきたいと思います。

前回は、御心を見つけたと思いきや、大切な事をないがしろにしてしまったが為に一度しっかり霊的な基礎を据える時間を持つようにしたことを書きました。

霊的に意識するようになってから、肉的にだけやっていたときには得られない事をより悟るようになりました。

しかし行うほど自分が甘い中で生きてきたこと、怠惰な部分、弱い部分が露わになり、

長年培ってしまったために、なかなか抜け出せずにいました。

6000年前、エバがまずサタンから騙されてから、女性が堕落するようになってしまったのだと教えて下さいました。

一人一人が悪魔の誘惑に打ち勝つことが、この世界を変えることになります。先ずは自分のためにお祈りしてみてください。

私自身、根気よく悔い改めて本当に無くなってきた部分と、まだなかなか抜け出せない部分がありました。

そんな中でこの御言葉を読み、「エバの堕落から回復したい。」

と強く思うようになり、祈り求めていました。

そんな中

あることがきっかけで、人目にほとんど付かず、静かにお祈りができる最適な場所が見つかりました。

『霊』を意識し実践することで本当に大切なものをないがしろにして生きていたことに気付かされました。
御言葉を読み始めて二年目にして、霊の成長を今まで以上に意識するようになりました。何度も証で書かせていただきましたが、私は御言葉に出会って悟れているつもりで、【霊】の重要性を悟れておらず、肉的な事ばかり意識してやってしまっていました。 詳しく

ここを見つけたときは、本当に神様のお導きだと感じ、飛び上がるほど嬉しい気持ちになりました。

しかしその次の日、

この御言葉を読み、正直とても高いハードルだと感じてしまいました。

エバの罪から抜け出すために、12弟子の川田さんとナナさんが山にこもって断食祈りをされるように神様から啓示を受けられた御言葉です。

この御言葉を拝見したとき、神様が、週一の断食祈りの日をこの場所でお祈りしなさい。

と強力に私に伝えてくださったいるのが伝わってきたのです。

私は何度かこの御言葉を読んでいたのですが、それまでは自分にはできないと勝手に思い込んでいました。

しかしせっかく悔い改めて御言葉に従順に従えるように心がけているのに、この御言葉をスルーするのはつまみ食いに他ならないと思いました。

それでは今までと変わりないと。

このように、初めはすんなり受け入れることができなかったのですが、

だんだん「やりたい」と言う気持ちが強くなっていきました。

それは、今までのことを思い返してみて、自分の考えで「この御言葉に従ってどうなるのだろう?」と思うことでも、行ってみると思っても見なかったような感動や祝福があるということを何度も経験していたからでした。

極度の寒がりの私が外でのお祈りをするなんて考えられませんでしたが、意を決してやってみると、家より断然祈りやすいことや、神様により疎通しやすいと感じるようになったり

神様が示されることは、人間の考えよりも遙かに次元が高く、人間以上に本当の祝福をご存じなのですね。

RAPT有料記事460(2020年4月20日)主を愛して生きる道には正解があるが、自分の利得のために生きる道には正解がない。そして、正解のある道こそが真理であり、その道を行ってこそ永遠の成功を手にすることができる。

しかしこの時はまだ、「これは神様からの試練なんだ!」「RAPTさんも沢山の試練を乗り越えてこられたんだ。神様は私の頑張りを見てくださるに違いない!」

と、ただ「辛い」ことを乗り越えるために行うという認識で頑張ろうとしていました。

ですが、一方で行おうと思うと、ワクワクもしてきました。

せっかくなので、初めの週は3日間の断食祈りをしてみようと思い付きました。実は以前裁かれたとき、悔い改めの気持ちで3日断食を行ったのですが、身も心もボロボロすぎてとても祈れるような状態ではありませんでした。ただ辛いだけになってしまい、今回リベンジしたいと思ったからです。

してみた結果や感想はこちらをご覧ください。

3日間の断食祈りの感想。思っても見なかった事が沢山あり、忘れられない思い出となりました。
あることをきっかけに、3日間の断食祈りをすることになりました。詳しい経緯についてはこちらをご覧ください。過去に3日間の一度断食祈りを行ったことがありました。その時は、自分の罪のゆえにサタンにやられてしまい、神様への償いの気持ちで行ないました

思っても見なかったような恵みや感動や悟りがあり、本当にやって良かったと思いました。

その後、断食の日は毎週その場所にお祈りをしに行きました。

行くと、決まってある困難なことにぶつかりました。雨が降ったり、風が強くなり、自転車を置いても倒されてしまうほどだったり、いつもの場所に人がいたり・・・

しかし、お祈りしながら解決策を見いだしているうちに、必ず解決され、むしろ解決される度に感動があったり、悟りが与えられたり、証しよう!と思えることができたり。

断食祈りをしに行って、どの日も本当に行ってよかったと思える一日になりました。

しかしとはいえここは東北地方。

冬が近づき、私はこの断食祈りが週一でできるか、週一の断食祈りの日が近づく度に、負担に思うようになっていきました。

この地域は、冬は常に地面が雪の残りでびちょびちょで、歩くのも慎重にならなければならず、車を運転できない私は、少し距離のある河原にどうやって行こうかと、毎週悩みが生じてしまっていました。

ですが、断食祈りの日が来る度に、「よし、今日は行おう!!」という思いになり、今までの悩みが吹っ飛び、実際に外も快晴で地面も毎週自転車で走れるくらい、雪も溶けているのです。

今までの冬、こんなことあったかな?と、不思議なくらい、毎週そうなるのです。

なのでそれからは、「神様がちゃんとできるように導いて下さるから大丈夫」と思えるようになり、不安に思うことがなくなりました。

神様が私が断食祈りをしやすいようにそうしてくださったのだ。道を敷いてくださったのだ。と思ったのです。

そして行ってみると寒いながらも、本当に来て良かったと思え、

私は冬が小さい頃から大嫌いでしたが、こんなに冬が素晴らしい季節だと感じたのも、神様のおかげです。

お祈りとしては、悪の滅びと義人の救いを中心にお祈りをするのですが、

「御心」に関する悟りや閃き、構想、アイデアが思い浮かぶようになりました。

私はこれを行う前、ただただ「試練」だと思っていたのですが、そうではなく、神様が、御心の道に導こうとしてくださるために、条件を立てさせてくださったのだと、何度もやってみて悟りました。

神様は私達のお祈りを叶えて下さります。しかし叶えて下さるためにはお祈りと正しい努力が必要だと仰られます。その条件を立ててこそ、神様が叶えることができるのです。

そして何より、まずは神様の願いを叶えて差し上げてこそなのです。

「本当の愛」とは自分以上に神様を思う心なのですね。

RAPT有料記事261(2018年3月24日)裁きの時は来た。主はこれ以上、悪人たちの悪を容認しない。

それが天の法則であり、実際にこの世の中で働いている法則なのです。

その時にちょうど配信してくださった御言葉はこちらでした。

RAPT有料記事613(2021年12月13日)御言葉にどこまでも従順に従う人に、主は豊かに霊感・構想を与えてその人を導き育ててくださる。そして、主の霊感・構想通りに行う人に使命を与え、その使命を最後まで成した人に豊かな祝福を注いでくださる。

その時はなぜそうするのか訳が分からなくても、神様のお導き通り従うことがいかに祝福された生き方か、この断食祈りで本当に悟らせていただきました。

断食祈りが絶対に重要ということではなく、その時その時に神様が示された道を従順に従うかが重要なのだと、今回学ばせていただきました。

初めに断食祈りの御言葉を読ませていただいたときは、なんて大変なのだと思ってしまいました。

しかし、神様はどうしたら人間の霊が成長できるか誰よりもご存じですから、そのように仰られるのですね。

厳しい御言葉が沢山あります。しかし神様は、人間を苦しめる為に宣布しているのではなく、厳しくしなければサタンにやられてしまいますし、堕落してしまい、本当の幸せを得られない事を分かっていらっしゃるからこそ、厳しい御言葉を伝えてくださっている、その愛を、御言葉に従うほど感じられるようになりました。

実際に自分の力だけでは乗り越えられないであろう色んな困難を乗り越えさせていただき、神様や聖霊様と共に行っている感覚が得られ、明け方のお祈りも今まで以上に神様を感じられるようになりました。

また色々と変わるかも知れませんし、まだまだ過程ですが、このようにして、このブログを書くに至りました。

とにかく謙虚に、今行っていることが御心かどうかを常にお祈りでお聞きして、御心であれば進むように、御心でなければ進められないようにしてくださるよう、お祈りするようにしています。

またこれから進展がありましたら記事にしたいと思います(´∪`)☆彡

コメント

タイトルとURLをコピーしました